スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小雪のXデー?
2006/06/20(Tue)
060619_jyubekoyuki2.jpg

今日は小雪ちゃんのお話。
写真、手前でゴハンを食べてるのが小雪。
うしろに控えているのが十兵衛。

小雪ちゃんは、04年の暮れ産まれ。まだ一歳半なのだけど、
この春にフードファイトに目覚め(汗)、そのお陰で怒涛の成長を見せている。
現在530g(汗)。
一方、十兵衛ちゃん。03年夏産まれ。じき3歳。
成長はぼちぼち。このところ、ちと停滞していて現在570g。

今日は小雪の、、ちっぽのお話。
小雪は孵化温度29~30度で孵った子なので、十中八九、いやそれ以上
の確率でオスになる予定である。
そろそろ甲羅アタックの真似事でもはじめるかなぁ~とビクビクする毎日
であるが(笑)、今のところ、徘徊する勢いが男らしいのを除くと、まだ
オスの兆候はさほどない。大きいのにね。

ということで、ちっぽチェックをしてみた~。
500gオーバーのギリシャの亜成体のちっぽ記録。

060619_shippo3.jpg

あら、意外と腹甲美人っ!(←どーでもいいから…)。
全体のプロポーション。こんな↑。
まだ、ちっぽは小さい。

060619_shippo1.jpg

アップ。こんな↑。どでしょう?

060619_shippo2.jpg

比較のために。十兵衛のちっぽ↑。
因みに、十兵衛は孵化温度32~33度。十中八九メス。
こんな。ふむふむ。

500gオーバーというと、うちのオス連中でも大抵は、すでにちっぽが
立派に育ち、甲羅アタックやらマウマウやらを始めている。
なので、このサイズでこのちっぽ!→女の子か~~(・▽・)ノ??
と、ひと昔前のワシなら早合点するところだが、今だと、やっぱり小雪は
オスだなぁ~~~と思う。

決め手は、排泄孔の形状かな。
縦長で、はっきりとしたライン状になってる。
十兵衛のが、すぼまった感じ(入れ歯を外したおばあさんの口?)になってる
のと比較すると分かりやすい。
あとは、ちっぽ全体が細長い。十兵衛はふっくら丸みを帯びてる。
更に、排泄孔の位置が甲羅から出てる、、とか、
背甲と腹甲のすきまが狭い(十兵衛と比べて)、、とか。ま、色々ある。

…にしても性徴が出るのが遅い。
というか成長が早すぎて、性徴が間に合わないのかも…。
実は、うちには今までこーゆータイプのオスが他に2名いた。
瑪瑙(めのう)と雲母である。
そろって成長が早く、体高があってコロコロ丸っこい体型で、
500g、600g…と大きくなっても、ちっぽが小さく、
ぅお~~~~、女の子だぁ~~~(^^)と当時のワシを期待させて
おきながら(笑)、700gか800gに育ったころに、
ちろっとナニを出してワシを奈落の底へ突き落としたのだ(笑)。

奈落の底、、というのは嘘だけど。
あの頃はメス=大人しい=苦労しない、という思い込みがあったから、
メスを切望していて、オス=将来たいへん、というコレまた思い込みで
オスだと判明すると頭を抱えていたのだ。
今は、どちらでも大して問題ではない。……かな?(笑)

…と、そういうワケで、小雪ちゃんも、もう一回り育ったころに
男の子だってハッキリするのかなぁ~。
Xデーは、、今秋かな、、来春かな??(^^)


…と思ってたら、やっぱりメスだった、、なんてオチはない。…はず(笑)。
↓おまけ。
左、十兵衛、、と右、小雪。
あ!この二人、名前を入れ換えればいいんだ!(・▽・)とふと思った(笑)。

060619_koyukijyubei.jpg

この記事のURL | ♂×♀の話。 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。