スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白市・黒市。
2006/06/11(Sun)
予告編を出してから、相当、日にちが経ってしまった。
その間、オフ会でお会いした何人かのカメ仲間から、
「『市』は『座頭市』の市?」と、あっさり真実を言い当てられ、
ああーもうバレバレなのねぇ~~~と苦笑してしまった。
ウチでは03年に片目しかない十兵衛が孵化しているから、
予想がついた方も多かったのだろう。

…ということで前置きはほどほどにして写真を。
20060604231731.jpg

向かって左が白市。右が黒市。
ご覧のように揃って両目がない。

昨年の7月24日の夜中。
殻に穴は開いたものの、いつまで経っても出て来ないタマゴがひとつ。
孵化に丸3日かかったケースも過去にあったが、それとは明らかに様子が違っていた。不審に思い、夫婦で相談し深夜に殻を少し開けてみる決意をした。
中から出てきた子ガメは両目ともが欠落していた。白市の誕生であった。

時を同じくして、一個置いて隣のタマゴも孵化完了した。
こちらは平均より寧ろ短時間で自力脱出。
が、やはりこの子も両目のない子ガメであった。黒市である。
奇しくも同じ日、ほぼ同じ時刻に産まれた双子のような2名であるが、
父親も母親も異なり、まったく血統の繋がりはない。

2年前に隻眼の十兵衛が産まれ、最初こそ大変だったものの、その後は元気に
過しているという事実があるとは言え、片目がないというのと
両目ともないというのでは、あまりに条件が違い過ぎるだろう、と思えた。
育たないかもしれないから覚悟はしておこう…と夫婦で話した後は、
お互い言葉数も少なく、沈痛な気持ちを抱えたまま床に着いたのを覚えている。

上の写真は生後10日目の写真。これより前の写真はない。
いつ死ぬか分からない子の写真を撮る気にどうしてもなれなかった。
写真の頃には、限られたモノなら少しは人の手から食べるようになり、
飼い主も僅かながらに手応えやら希望やらを感じられるようになっていた。

060408_shirokuro1.jpg

月日が流れ、、現在の白市と黒市の写真。
生きている。しかも元気。
大変などという言葉では言い尽せないほど色々あったし、今もあるのだけど、
二人を見ていると、そんなことは全て些細なことのように思えてくる。

視覚がない分は嗅覚で補い、エサ場にも自分でやってくる。
刻んだ野菜なら自分で食える。
柔らかい野草なら、刻まなくても食える。
自らホットスポットの下に行き、卍になって寝る。
水入れにだって自由に出入りし、水だって飲む。

夜は、みんなといっしょになってケージの隅で土に潜って寝る。
朝には、ひょっこり土から顔だけ出してる。
眼球があるべき場所にそれはないけれど、毎朝そこから涙が流れている。
朝とか夜とか、どうやって知るのだろう。体内時計?
光くらいは感じるのだろうか。
(でも食事中に急にライトが消えたことがあったが、パニクる健常者を
余所に、悠然と食い続けていたこともあった…。)

外へ出すと、太陽に甲羅を向けて、斜め日光浴をする。
後足をぴーーーんと伸ばしたり、ふに~~~~と曲げたり。
暑くなると、甲羅がすっぽり隠れるまで土に潜る。

すごいよね…。キミら。

060408_shiroichi.jpg

白市。
予告編を出したときは100gだったが、今は120g。
4カ月目くらいに10日間の拒食(原因不明)をされたときには、
もうダメか、、と思ったが、10日目に水入れに浸けたら、ぐびぐびと
水を飲み始め、その後、キュウリのバカ食いをし復活してくれた(天に感謝)。

060408_kuroichi.jpg

黒市。
こっちはもう130g突破。そろそろ完全自立できるかも。
成長が速いせいか、うっすらポコりつつあるので、セーブしなくちゃ、、
なんて喜ばしい心配事も浮上して来ている。


#目に異常が出た原因もほぼ分かっているので、その辺はまた機会があれば。
今回は、取りあえず二人の紹介だけに。
スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子紹介。 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<茎を食おう~。 | メイン | 梅雨入り目前っ!>>
コメント
- 逞しいですね -
白市、黒市、逞しいですね。
些細なことで愚痴を言っていてはいかんですね。生きていることに感謝って感じです。ほんと素晴らしい。

我が家には最近、甲羅が激しく凸ったマルギナータのベビーがやってきました。まだ、6cmくらいなのに激しく凸った甲羅(すでにかなりの成長不全って感じ)、甲羅に比べるとちょっとアンバランスに大き目の首、手、足。性別もはっきりしないし、時々死んだように脱力して手足を伸ばしっぱなしで寝ているのがちょっと異様(持ち上げてもだら~んと手足を伸ばしたまま、なかなか目覚めないので、もう最初はもうだめか?と思ったほど)。それでも目覚めると餌は一生懸命(餌を咥えるのも得意ではない)に餌を食いちぎっている姿をみると命の逞しさを痛感します。紫外線もほとんど浴びずに育ったのであろうと想像させる、そのカラダ。我が家で少しでも逞しさを身につけてくれれば、と思っています。
2006/06/12 12:56  | URL | takibi #YG9ONXHE[ 編集]
- 元気がなにより♪ -
白市ちゃんも黒市ちゃんも逞しく育っているようで野性の力強さを感じさせられます。カメの第六感なのでしょうかね。太陽の向きや餌のある方向、普段生活している場所の地形(配置)など分るのはすごいです。私なんぞは夜中にトイレに起きるとドアやら壁やらにちょくちょくぶつかっています。
そういえばデンスケもルルもまっくらな中でも寝床(コタツの中)にもどってたりします。あいつらに野生の勘はほとんどないと思うけど(^^;;
2006/06/12 16:03  | URL | きんぎょ #-[ 編集]
-  -
子供に、目、耳、鼻、声、手、足、
どれが一番大事なの?と、聞かれて
ぜんぶ・・・
大事じゃない体の部分は無いよと言った事が有ります
小さな子供の小さな手を見ていると、
一本ぐらい指が取れても生えてくるんじゃないかと
錯覚しそうになります、でもそんなことは絶対無いんですよね

白市、黒市、二名とも無事大きくなると良いですね、
大変なことこれからも多々あると思いますが、
がんばってくださいね、
とともに、健康な自分の体に感謝×2ですね。
2006/06/12 16:06  | URL | #-[ 編集]
- スゴイ! -
カメの、生き物の生命力に感動です。
ホントに白と黒ですね。カワイイ~。

以前、ねーるさまにもご相談させていただいたことがありましたが、ウチの響が体調を崩した時、酸素をイッパイ入れた袋の中で、ゼイゼイしている響を見ていて、私の方があきらめかけてたことを思い出しました。
多分、潰れた肺は元に戻ることはないのでしょうし、成長も遅いみたいだけど、もし何かあっても絶対にあきらめないぞ!ってこちらの記事を拝見して思いました。
白市ちゃんも黒市ちゃんも元気に大きくなっていくことをお祈りします☆

白市も黒市もがんばれ~(^o^)/
ねーるさんもがんばれ~~(^o^)/
2006/06/13 00:24  | URL | ネムソ~ #-[ 編集]
-  -
■takibiさん
コメントありがとうございます~~。
うんうん、つまんないことで愚痴ってばっかりの自分を反省せねば…。この子たちが産まれてから、TVでハンディを負った人の特番などを観るときの見方が変わった気がします。ハンディ(と呼ぶのも失礼な気がする)を前向きの原動力に変えるメンタル面の強さに心底、感服してしまいます。

マルギちゃん、、かなり厳しそうな状態ですね(涙)。
takibiさん家のお庭で少しずつお日様や外の環境に慣れて、逞しい子になって欲しいですね。どのカメさんも、元来は溢れんばかりのパワーと野太さを持って産まれて来るはずなんですもんね。いかにそれらを上手く引き出せるような環境作りができるか、、ってのが飼育者の務めですもんね。普段の飼育環境にしても、孵化器の仕様にしても(←反省)。

2006/06/13 11:23  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
-  -
■きんぎょさん
コメントありがとうございます。
本当にカメの地理感覚って発達してますよね。あの四方どこを見ても似たり寄ったりな風景に見える半砂漠地帯を根城にして活動してるんですもんねー。私はあそこへ放り出されたら、間違いなく迷子になります(笑)。
#デンちゃんもずっとお座敷ガメさんだから、お家の地図はばっちりインプットされてそうですよねぇ~~~。

嗅覚もすごいですよね。
白市に一度、豆苗ブームが訪れたことがあったんですが。朝、別の葉野菜を刻んだのを入れても、全然食べようとせず、なんだか周辺をウロウロバタバタしてるんです。なんで今日は食べないんだとうと心配してたら、離れたケージに入れた豆苗の香りが気になってたらしく、それが欲しくてバタバタしてたんですね(^^;。
2006/06/13 11:32  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
-  -
■はじめまして…の方でしょうか(^-^)。
コメントありがとうございます、嬉しいです。

そうなんですよね、身体の部位はどこひとつ欠けても、やはり不自由しますよね。ちっちゃなお子様の指が再生しそうな錯覚、、分かる気がします。まだ全てが生まれて間もないから、新しいものも芽生えて来そうな感じがありますよね。黒市は、まぶたまではあって、成長に従って上瞼と下瞼のスキが少~~しずつ広がって来ているので、ああいつかココから眼球が覗かないだろうか…と、つい淡い期待を抱いてしまうのですが、元々ないものはきっとダメなんですよね。(ごめんよ、、黒市白市)

今は二人とも元気で、多少不自由はあるものの、健常者のカメたちと成長スピードもそう差がなく、いっしょに過せているのが救いです。外見からは見えない異常もあるかもしれないので、しっかり見守ってお世話して行きたいです。
2006/06/13 11:42  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
-  -
■ネムソ~さん
コメント&応援ありがとうございます。
見事に白黒ですよね、、二人でオセロと呼んでやってください(笑)。

そうでした。響ちゃん、片肺だったんですよね。ブログの元気そうな姿を見て、すっかり失念しておりましたが、小さい頃、本当に大変なご苦労をされましたもんね。ゆっくりでも成長してくればいいですよね。響ちゃんも自分のペースが掴めて、ゆっくりのんびりと過せているようですね。うんうん、本来は野太い生き物のはずですから、踏ん張ってくれるはず~~。
お互い、お世話に邁進いたしませう(笑)。


2006/06/13 11:49  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
-  -
そそっかしくてすみません・・・
(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
H・N入れるの忘れとりました~
カメのお医者様に、水晶体は傷ついても
再生すると言ってましたので、
もしかしたら・・・なんて思ってしまいます
奇跡が起こってみてもいい
だって、もうそこには亀跡の塊が二人もいるじゃないですか~
(^-^)

厳さんは只今盛っております~
2006/06/13 12:15  | URL | りょ #-[ 編集]
- 勇気が出ました -
白市ちゃん、黒市ちゃん初めまして!
予告を聞いてから会えるのを待っていました。
小さな身体で不自由を克服して頑張る「オセロちゃん」たちに・・・
勇気をもらった気がします。
これからもずっとずっと!
元気でいてねv-238
また会いに来るからね~v-253
2006/06/14 09:30  | URL | ことら #LJUPC/x2[ 編集]
-  -
白市ちゃんと黒市ちゃん、みごとなオセロっぷりですね^^
ふたりの生きる力もすごいなって思いますけど、
ねーる☆彡さんがいてこそですよね・・・さすがって思うっす!

ふたりとも美味しそうなクローバーに囲まれてすっごく幸せそ~♪
2006/06/14 18:48  | URL | キリス♪ #YsAOgzZQ[ 編集]
-  -
■りょさん
りょさんでしたかぁ~~~^^
ご無沙汰してましたぁ~~~。
そうですか水晶体は傷ついても再生するんですねぇ~。
問題は水晶体が形成されているかどうかですけど、今暫く期待していようと思います~~。

#厳さん、盛ってますか~~~^^
頼もしいですねー。
2006/06/15 14:09  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
-  -
■ことらさん
暖かいコメントありがとうございます~~。
最初は弱々しかったのが、今ではキュウリと間違って指を
噛まれると痛くなってきました。それが嬉しいです~^^
白黒コンピ、これからも宜しくお願いします~~。

2006/06/15 14:13  | URL | ねーる☆彡 #-[ 編集]
-  -
■キリスさん
コメントありがとうございます~~。
いやいや、私がいなければ、きっと白黒には立派なおめめが…(--;;;
元気な二人を見てると少しだけ救われた気分になれます。

色のちがい、、すごいですよねー。
こーゆーのを見ちゃう外見だけでギリシャの亜種を判定しようなんて不可能だろうと思っちゃいます~~。^^
2006/06/15 14:17  | URL | ねーる☆彡 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tortoiseland.blog34.fc2.com/tb.php/61-5ee77d2b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。