スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メロディ・産卵狂想曲1。
2007/06/01(Fri)
下の記事に暖かいコメント、沢山ありがとうございます。
旦那には大袈裟だなぁ~と笑われちゃいました。う。
まぁ、そうかもしれません。
が、メロも私も相当、切羽詰まっていたのは事実なのです~~。うぅ。
…ということで、やっと落ち着きて来ましたので日記書きます。
私の辞書に「要約」の二文字はございません、ひぃー(汗)。
毎度、読みにくい長文で申し訳ないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メロさんは、毎年クラッチ・インターバルきっかり2週間で産む。
今年も4/30(月)に1stクラッチ3個を産んだ。
続いて、5/14(月)に2nd4個を産んだ。

この2ndも順調とは言えなかった。その話から書いておこう。
産卵自体が、というより、産卵場所が定まらず産卵に入るまでが難航したのだ。
文字だけだと分かりにくいだろうから、カメ部屋の写真を載せてみた。
(一枚目だけクリックで拡大します。)

070601_room1.jpg

今現在カメ部屋は、こんな感じになっている。
土場1となっているのが、屋内産卵場である。
今年もメロの1stと真珠の1stは、ココで産卵された。
メロは前から産卵場へのこだわりは強い方で、カメ部屋で産みたいときには
産卵が近づくと、普段いるテラスの、オスゾーンとの仕切り塀の前を忙しなく
行ったり来たりし、塀に手を掛けたりを繰り返すようになる。
産卵当日は、ごはんを無視するのと、目が血走る(ように見える/汗)のとで
大体分かるので、そのときになったらカメ部屋に回収する。
1stのときは、それで速攻、土場1で穴掘りを開始してくれた。
順調であれば、大抵、こんな具合で産卵は終了する。

逆に、カメ部屋に回収されているのに、テラスで産みたいときには、
これまたドタバタ徘徊し、土場の囲いに手を掛けて脱出を試みる。
この場合でも、テラスに出してやれば、速攻、穴掘りを開始する。
雨だからと回収したにもかかわらず、執拗に土場1から出たがり、
冷たい雨の中、テラスの木の根元で産んだことも過去にはあった。

まぁ、こんなことからも、メロの頑固イッテツ加減には気付いてはいた。

070601_room4.jpg

写真は、屋内産卵場(土場1)。

そんなメロ。今年はどーにもテラスで産むのが嫌だったらしく、
テラスの仕切り塀の前を往復するようになったので、
ゴハンを食べなくなった14日の朝に、カメ部屋の土場1に回収したのだ。
1stのときのように、ココでさくっと産むもんだと疑っていなかった。
ところが。
土場1に入れても暴れて暴れて、なかなか産卵体勢に入ってくれなかった。
土場1は、階段を登り切ったトコに板を差し込んで
他から仕切れる仕掛けになっている。
産卵時に邪魔が入らないようにするためなのだけど、
その仕切ってある土場1から出たがって大騒ぎ。
挙げ句の果てには、囲いを乗り越えて出ようとする。
(「板」が立てかけてあるのは、メロの落下防止のため。)

あまりに暴れるので、まだ機が熟してないのかな?と
またテラスに戻してもみた。が。塀際を狂ったように往復運動するので
逆に余計、消耗しそうなので、また屋内に回収。
土場1に入れておけば、そのうち観念して掘り出すかな?とも思ったが
一向に気配なし。それどころか、執拗に脱出を試みる。
そこで。
土場1を塞いでいる仕切り板を取って、
いつものように自由に出入りできるようにしてみた。
したら、そそくさと土場1から出て階段を下り、カメ部屋の徘徊を始めたのだ。

このときで、すでにお昼過ぎになっていた。
しばらく好きにさせていたら、おもむろに土場2の方へ向かい…
速攻、そこを掘り始めたのだ。

070601_room3.jpg

上の写真の右側が土場2。
(とっ散らかっているのは、3rdの修羅場のあと…)
ココは産卵場というより、本来は外オスたちの夏場の待避所なのだ。
最初の写真で確認できるが、現在、封鎖中のカメドアから入って来て、
少しだけ涼しいこの土の上で寝れるようになっている。
夏になればカメ部屋のメスたちの土場1と、
このオスたちの待避所は仕切されるのだけど、今年はまだ冬仕様のまま…。

そこに、たまたまメロは目を付けたらしい。

問題は。
産卵を前提としていないココの土場2には、土が5センチ程度しか盛ってない、
ということだ。浅い。浅すぎる…。
(写真は、2nd産卵後いじったので深くなっている。)
小型(当社比)のメロでも、流石に5センチはキツイ。
いや、でも、昔、大型(当社比)のすみれが10センチ弱のトコに
しっかり産んだこともあるではないか!
そうだ。そうだ。少し様子を見よう!と自分に言い聞かせる。

他のカメのお世話や家事の合間を縫って、こっそり様子を見に行く。
まだ掘ってる。とっくに底板に届いている。
その掘れない底板をカリカリゴリゴリと懸命に掘り続けている。う。
1時間、2時間…。黙々と掘る。いや、息遣いは段々荒くなっていた…。
ダメなら諦めるか、割れる危険があっても観念して産下するか。
そろそろ、そういう決断をしても良さそうなタイミング。
3時間以上が経過した。
が。相変わらず掘っている(汗汗)。

や、やばくないか?コレは(汗汗)。
見守りたい気持ちもあったが、悲しいかな出勤時間が迫っていた。
うわぁーーー、どーしよーーーーー(汗)。
穴掘り開始から4時間。
このままでは産まないと判断し、暴挙に出てしまった。
土場1に手でがっがっとそれらしい穴を掘り、その人工産卵穴の上に
穴掘り途中のメロを移動し乗せたのだぁー。
ぎゃーーー、こんなことして良かったのか????

神経質なコだから、産卵を中止してしまう可能性も重々あった。
おそるおそる見守っていると、、、
少し戸惑ってはいるようではあったが、ややして、もぞもぞと動き出し、
人工産卵穴に足を入れ、深さを確認すると、
んーーっと息んで一個目を産卵したのだ。
(あぁ、良かったーー)
続けざまに、2個、3個、4個…。
テンパっていたのか、ぽろぽろっと続けて産んだ。
少し間があったので、5個目があるかな?と思ったが、続投はなく、
丁寧に産め戻しをし、なんとか無事に産卵終了したのだ。


コレが約2週間前の5/14、2ndクラッチのプチ騒動(前夜祭)。
この2週間後の5/28、メロは3rdクラッチを産む体勢に入っていた。
(つづく/汗)
スポンサーサイト
この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<メロディ・産卵狂想曲2。 | メイン | 疲れ果てました。(^^;>>
コメント
- メロちゃん・・・ -
やはり母カメともなれば産む場所にこだわるのは野生の本能なんでしょうね。少しでも安全な場所を探すのが遺伝子にインプットされているんでしょうねぇ。
昨日はケーブルテレビでウミガメの番組(主に産卵)をずっとみててさっきもウミガメ(オサガメ)の番組を見てたんですが、やはり産卵ってカメさんにとっては命がけなんだなぁって改めて思いました。穴を掘るのもかなり体力消耗するし、卵を産むこと自体もかなり消耗しますもんね。つくづく命を生み出す性は偉大だなぁとか思うのでした。メロちゃん続編にはらはらしながら期待。
2007/06/03 22:20  | URL | きんぎょ #-[ 編集]
-  -
す、すごい!!
ド、ドドド、ドキドキしまくりです^^;
僕だったらどうすることもできず、ただあたふたアタフタしてしまいそうです(汗)
出勤前に無事産卵!よかったです~(o´д`o)ホッ=3
「つづき」は想像するだけでもうドキドキです^^;
2007/06/04 02:00  | URL | KOJI #-[ 編集]
- な、なんて -
大変なんだ!
固唾を呑んで読んでました。(なんじゃそりゃ)
さて続きを読もう。
2007/06/05 13:12  | URL | ママちゃん #X5XodAgg[ 編集]
-  -
■きんぎょさん
コメントありがとうございました。
ウミガメの産卵は、ほんと大変そうですよね。
上陸すること自体リスクも大きいでしょうしねー。

産卵場所、あまり気にしない(というか諦めている?)子もいるのですけど、
メロさんは、どーしても妥協できない性格の子だったようです。
今後が思いやられます(^^;
飼育下でも女の子のカメは、産卵絡みで命を落とすケースが少なくないと聞きますから、
ちょっとでも普段とちがう行動を取られると、私がビビリまくます。^^;

■KOJIさん
いや、わたしも相当にアタフタしてました~(笑)
卵が詰まってるワケではないんだーってことの確証だけでも
得られれば、もっと、どぉーーーんと構えてられるんでしょうけど^^;

いっそのこと、わたしも仕事か何かに出ていて、そばで見てなければ
こーんなに心配にもならなかったのかも…とも思ってみたり…^^;

■ ママちゃんさん
うはは、
固唾、飲んじゃいましたか?^^
あれから10日ほど過ぎ、今は嘘のように平穏です。
2007/06/10 17:27  | URL | ねーる☆彡 #.H/4i2rM[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tortoiseland.blog34.fc2.com/tb.php/157-bed658b4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。