スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
疲れ果てました。(^^;
2007/05/31(Thu)
月曜あたりから、メロが3rdクラッチを産みそうになりました。

未だかつてないほど、混乱を極めた産卵で、一昨日と昨日は、
メロの絶命も考えるほど危機迫った状況になっておりました。

本日10時。
紆余曲折の結果。やっと産卵終了しました。

現在、テラスにて爆食ちうです。
元気な姿を見れて、ほっとして泣きそうです。

わたくし、心配で何も手に付かず気が狂いそうな何日かが過ぎましたが、
今は放心状態でやはり何も手に付きません(苦笑)。


詳しい顛末は、元気が出たころ書こうと思います。
終わってみれば、そんな大したことでもなかった気もしていますが…(汗)。
コメントのお返事が遅れてて申し訳ありません。
こちらも近日中に。

スポンサーサイト
この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
黄色いモノ。
2007/05/26(Sat)
暑い一日でした。
河原に野草を摘みに行って、日差しで倒れそうでした(苦笑)。
今日のブログは、黄色いモノつながりでまとめてみました。

朝一。
メダカ水槽の睡蓮が黄色い花を咲かせました。

070526_hasu2.jpg

今年で3年目。初めての花です。

070526_hasu1.jpg

夕方には、また蕾を閉じていました。
明日も咲いてくれるでしょうか。

070526_hors1.jpg

黄色いモノ、その2。オスホルたち(笑)。
暑くなりそうでしたので、灼熱のテラスではなく涼しい裏庭に解放。
気持ち良さそうに日光浴をしていました。
夕方には、テラスに戻って夕日浴を。
最近、ホルスたちは、午後、陽が傾きかけた頃に活動を始めます。
ホルス的に過ごしやすいのでしょうか。

黄色いモノその3、トウモロコシ(笑)。
シーズンになりました♪

070526_corn1.jpg

ラップかけてレンジでチ~ン♪
甘くて、皆さん大好きです。
一人ひとつずつ…のはず、が、、人のを食べてる子が一人…(苦笑)。

070526_corn2.jpg

すだれ下のデッキでも♪
芯だけになっても齧ると甘いのか、
いつまでも抱え込んでしゃぶってます(笑)。

070528_corn3.jpg

黄色いホルスと黄色いトウモロコシ~♪

今日の関東は最高27度。
日中はテラスにすだれを張り巡らせていましたが、それでも、
皆さん、ほとんど日陰や小屋で涼んでいました。
暑かったです。

070526_yuhi1.jpg

黄色いモノ、ラストは夕日。
暑い一日でしたけど、一日の終わりには、こうやって小屋の出口から
半身出して夕日を浴びるのが好きです。
左は小雪。右は十兵衛。
十兵衛、お手手ぶら~~~ん(笑)。
暑くて消耗した一日だったね。ゆっくりお休み~~。

この記事のURL | 野外生活。 | CM(15) | TB(0) | ▲ top
赤い実がなる木。
2007/05/22(Tue)
ビックリグミの実が赤く熟してきた♪
花は大量に咲くのだけど、結実させるのが難しい品種。
あれやこれややって、強風でできかけの実が沢山落ちたりもしたけど
今年もなんとかカメさんのオヤツに出来そうなくらいに育った。

070522_gumi1.jpg

すっぱいけど美味しいね♪
小雪さん@1.3キロくらいになった。

070522_koyuki1.jpg

木イチゴ(ラズベリー)も実をつけ始めている。
前の家では地植えしていたらジャングルのように育って、
オスたちのオヤツとして大活躍したのだけど、
引っ越してプランター栽培になったら、今ひとつ…。
いろいろ改良したから今年は大きくなぁ~~れ。

070522_berry1.jpg

こちらは桑。
週末にホームセンターの隅っこに打ち捨てられていたのを発掘。
そばに「本日の目玉、実付き桑¥980ー」と書かれた古びた札発見。
バーゲン品の売れ残りらしい。

070522_kuwa1.jpg

買ったときには赤かった実も、黒く熟した。

070522_kira1.jpg

キラ坊、さっそく試食。うまうま♪

070522_milky1.jpg

ミルキーも興味津々に寄って来た。
クンクンクンクン、相当疑ってから、やっと食。

070522_milky2.jpg

黒い実も、汁は赤いから、、
食後は、なんだかスプラッタな雰囲気(笑)。


実のなるモノは楽しいね♪
この記事のURL | 自家栽培。 | CM(20) | TB(0) | ▲ top
雨上がり。
2007/05/18(Fri)
昨日は雨。
今日は一日こんなかなぁ~と諦めかけた午後3時半ごろから
にわかに雨が上がって晴れ間がのぞいた♪

070518_ame5.jpg

小屋に戻っていたカメたちが一斉に出てきた♪
いざ出陣~~…
かと思ったら、蛍(手前)は卍で日光浴をはじめた(笑)。

070518_ame6.jpg

ギリシャたちが出掛けて行ったら、
お寝坊ホルスのお嬢二人も出て来た。

070518_ame3.jpg

強い日差しが、カーーーっと甲羅を暖めてくれるのが、
一日、雨の中を動いてた身には嬉しいみたい。

070518_ame4.jpg

メス(右)も、オス(左)も、日光を浴びる。
もうだいぶ陽も傾いてるが、貪るように、
じ~~~っと甲羅を暖めていた。
けっこー雨にも濡れたしね。
寝る前に暖まれて良かった♪

070518_ame1.jpg

甲羅干しする横では…
エサに群がるオスたち。
左隅で何やらしてる子も…(苦笑)。
雨上がりは、何かと活動的になる。

070518_ame2.jpg

この方も寝床から、もぞもぞ出て来た。
久しぶりの琥珀さん。元気っす♪
寝る前のオヤツちう。


雨の降った翌日は、野草採集に最適。
お水をもらって野草が元気づくから♪
早速、装備を固めて、お出掛け。

070518_nigana1.jpg

隣の緑地。
今年はニガナがたっくさん。
(携帯写真なので色味がヘンになってるが。)
笹のような葉っぱ。

070518_nigana3.jpg

キク科なので、タンポポやジシバリと近いのかな?
皆さん、ふつーに食べてくれる♪
写真は、産卵明けメロさん。
野草食いまくって、一週間弱で200g戻した♪よしよし。

070518_nigana2.jpg

オスたちも好き好き♪
花も葉も食べてくれる。
左・草薙、右・生国魂。

070518_osu1.jpg

本日2度目のゴハン。
(一日3回くらい給仕してる。)
メニュー。
朝摘み龍舌菜、タンポポ、クズ、ヤブガラシ、ニガナと、
河原産シロツメ、アカツメ、オオバコ。
わしわし野草を食ってくれるから、今のシーズンは気持ちよいね。


070518_kitume1.jpg

オマケ。
暫く前に写真を撮ったままになってた。
キイロツメクサ。
違。本当の名前はコメツブツメクサ…。
近所に生えていて、カメエサにもなる♪
クローバー、あか~、しろ~、き~い~ろ~~♪揃った♪


この記事のURL | 野外生活。 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
巨大化する植物たち。
2007/05/16(Wed)
070516_paseri1.jpg

昨年。イタリアンパセリの小さな苗を購入した。
放置してたのに冬を越し、猛烈な(笑)成長を見せている。
写真は一ヶ月ほど前の状態。もっさもさ。

070516_paseri2.jpg

ぶっとい茎。
パセリとセロリって親戚かな?と思わせるよーな容姿。
そして。
さらに放置すること一ヶ月。

070516_paseri03.jpg

お花?が咲いた♪(・▽・)。
面白い形状してる…。

070516_paseri02.jpg

空にむかって、にょっきにょき。
パセリのお花たち。

070516_paseri05.jpg

根元の方は相変わらず、ぶっとい茎と葉がわっさわさ。
イタリアンが好きなので、サラダや前菜、パスタに使えるのだ。
え?カメ餌じゃないのか?って。(滝汗)
う…。聞かんでくれ。
葉がダメなら、花はどーじゃーーーってチャレンジするも、
玉砕したのは、記憶から削除することにしたのだ(涙)。
私が食べるから、いいんだもん(ぐすん)。


070516_tanpopo01.jpg

こちらは、野菜プランターにやってきたタンポポさん。
去年の秋くらいに発見。
写真は、やはり一ヶ月くらい前。いい感じに育ってきた。

070516_tanpopo02.jpg

一ヶ月後、つまり今の写真。
綿毛がにょっきにょき。

070516_tanpopo03.jpg

葉っぱも大きく育っている。
バックの繊維状のほわほわ葉っぱは、アスパラガス。
タンポポさんは、そこそこ肥えた土地で、周りにほどほどに背の高い草があると、
お日様に当たろうとがんばって巨大化する。
野草採集をしていると、イネイネのかげで、ひっそりと
巨大化してるタンポポさんによく出会う。
あくまでほどほどに…。あまり周りの草が繁茂しすぎていると負けちゃう。
ちょうど、アスパラさんがイネイネの役割を果たしてくれたようだ。
強烈な日差しを遮ってくれるので、葉も柔らかい。

070516_tanpopo04.jpg

大きさが分かる写真を撮ろうとしてたら、玄武@脱走好き♂に見つかる。
綿毛の茎をポキポキ、、ポリンポリン。
ココ、好きなんだよね、うちの連中。
ウッドデッキが45センチ角だから、大きさの見当はつくかな?

070516_tanpopo05.jpg

あ。月読にも見つかった。(汗)

070516_tanpopo06.jpg

雲母も…。
おいしそうだね。(^_^)
でも。この株は綿毛採集用なので、しばらくはオアズケ。


070516_clover.jpg

オマケ。
メスゾーンの大きな白クローバー。
テカってるのが、500円玉。
今は花盛り。
いつでも食える状態なのだけど、時々、つまむ程度。
非常食…と考えてキープしてるかな?
オスゾーンに大ノゲシ群があるのだけど、
コレも食わずにキープ状態。
届かないだけか?(謎)

この記事のURL | 自家栽培。 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
夏日。
2007/05/10(Thu)
…が2日ほど続き、テラス軍団は、ややヘロっ…。
今日から涼しくなって、ほっとしている。
たぶん、飼い主が一番…(笑)。

GWから続いた初夏の陽気で、
居間のハイビスカスがたくさん花を付けた♪
5月にしては大漁…ちがった大量。

070510_hybi1.jpg

長年育てている大株で、高さは私の背丈くらい、
幅は、両手を広げても足りないくらい枝が広がっている。

070510_hybi2.jpg

アングルを変えてみた。
(なかなかファインダーに収まらない。)
お花が6つ♪…分かりにくいけど(汗)。

この冬、花が咲かない日が、ほとんどなく
ハイビ命♪のチビらにはラッキーだった。

070510_hybi3.jpg

たくさん咲いたので、大人もおこぼれに♪
写真は、モンモリさん@2.2キロ。
テラスに小さなハイビを一本、地植えしてみた(モンちゃんの左)。
大きく育って、夏場に皆さんが昼寝する木陰を
提供してくれるといいのだけど…。

070510_hybi4.jpg

でも。
顔が届く下の方の葉っぱは、
こうやって食べに来ちゃうので、、、どうかなぁ~?(苦笑)
写真はミレイヴさん@1.7キロ。

070510_meno1.jpg

一方。
こちらはオスゾーンのウッドデッキ。
さっすがに暑かったので、全面スダレ掛け~。
サイドは開いているので、風も通って過ごしやすいみたい。
寝コケてるのは、瑪瑙くん@1.2キロ。

070510_meno2.jpg

卍~~。
お日様の臭いを嗅ぎながら、すやすや。
このまま何時間も寝てた(羨)。

白と紫は、ラベンダーの花。
安眠効果の香り(笑)。
この記事のURL | 野外生活。 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
五月晴れ。
2007/05/05(Sat)
あれ?本題はぁ~?(汗)
お天気が良くて、吹っ飛んじゃいました(嘘うそ、後ほど…/汗)。
天気予報が外れてくれて、一日得した気分です。

070505_kokage2.jpg

GW、肉体労働に明け暮れております。
慢性筋肉痛(笑)。
写真はテラス・メスゾーンの木陰でまったりするメスたち。
連休にこの土場まわりの改良も行いました。

070505_kokage1.jpg

今年は、何故かこの土場に寄り付かなかったメスたちが
ぞろぞろ集まって来ています♪
2キロ級の子たちがゴロゴロ。
日向は灼け付く暑さだけど、木漏れ日は心地よさそう。

070505_kokage3.jpg

夕方まで入れ替わり立ち代わり遣って来ては、
何時間もうつらつら長いお昼寝をしていました。
平和です。
(人間は、ひたすら肉体労働してます/笑)

070503_tutuji.jpg

一方、オスたちは。
ツツジの根元の木陰で涼んでます。
それにしても暑かったですね。
カラスノエンドウの実が黒く熟しています。
テラスに撒水していると、日差しで熱くなったこの実が
急に冷やされ、ピキピキっ!ピキっ!と軽快な音とともに弾けます。
この音を聞くと、もう気分は初夏~♪

070505_suika.jpg

オマケ。
こんな暑い日は、水分補給しないと…ね?(笑)
初モノ・スイカ♪
大人気な私、、いや人気なのはスイカか…(笑)。

この記事のURL | 野外生活。 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
春の抱卵検診2…(汗)。
2007/05/02(Wed)
真珠は無事に初産卵を終えました。
冬眠中&明け直後1,430g→産卵前1.530g→産卵後1,360g。
冬眠明け時より痩せてしまいました。
取り戻さねば…。好天にも恵まれ産後の肥立ちは、まずまず良好。

さて。
真珠の異変で病院に予約を入れた際に、
冬眠明けより荒れ放題のメス軍団の抱卵検診もついでにやっていただき、
現状把握をしておこう、ということに。
が。その日は生憎、全員の検査をする時間がとれないということで、
日を改めて30日の夕方に連れて行くことになりました。
蛍、モンモリ、メロ、ミレイヴの計4名。

その30日の朝一から、メロが挙動不審に。
メロは冬眠明けから荒れまくり、偏食も激しく、
体重も冬眠明けの1,550gから一向に戻して来ませんでした。
2週間前の大潮で産卵するかもと期待したが、
大雨で真冬並みに冷え込み、産気も吹っ飛んでしまったようです。

070501_mero1.jpg

大潮が過ぎたころから、ケロっと荒れが治まり、元通りの野草大好き娘に
戻ったのです。この時期、一週間強で一気に1,700gにまで増えました。

それが、ここ2、3日、また徘徊をするようになったので、
抱卵したかな?という感触はありました。
今年は、どうもテラスで気に入る(落ち着く?)場所がないように
見えましたので、真珠と同様にカメ部屋の土場を囲って入れておきました。
入れて間もなく。
案の定、穴掘りを開始しました。
9時過ぎから穴掘りを開始し、11時半ごろには、ほぼ終了していました。

070501_egg4.jpg

メロの産め戻しです。
☆マークのところが産卵場所です。
十分に均してありますが、更にその周辺も執拗に均します。
タイルの上についたツメの跡が見えますか?
いつまでも、いつまでも、この周辺を引っ掻き続けていました。
真珠と好対照ですね(笑)。

070501_egg5.jpg

更に、こんな途方もない場所でも産め戻しをします。
この行動、他のメスもよくやるのですが、
何か意味があるのでしょうか?
うちではカモフラージュと言っていますが…。

産め戻しに、たいそう神経を使うメロです。
掘り返したオタマゴ3個も、非常に美しく放射状に並べてあり、
オタマゴの上には、ちゃんと庇状に固い土の覆いが作られています。
几帳面な職人技のようです。

メロのオタマゴ3個は21~22g。中サイズ。
産卵後には、1,535gとこれまた冬眠明け時より痩せてしまいました。
野草を爆食していますので、取り戻すのにそう時間はかからないでしょう。

070427_mero1.jpg

なかなか本題に入れないまま、、
つづく(苦笑)。
この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
春の抱卵検診…(笑)。
2007/05/01(Tue)
GWですね。
カメ軍団は、変わらぬ日常をおくっております。

070501_osumesu.jpg

変わらぬ日常の、ひとコマですが、、何か?( ̄▽ ̄;)
仕切りの奥が♂×♂、手前が♀×♀。
性別がちがっても、やるこたぁ同じ(苦笑)。
冬眠明けからオスもメスもこんな調子で五月蝿いのなんのって。
気温も上がって来たので、多少落ち着きつつありますが。

さて。
そんな中。連休初日に異変が。
朝、真珠@02CB♀が、口から泡状のヨダレを出していたのです。
真珠は、数日前からの食欲不振や徘徊行動から判断して、
抱卵しているだろうということは予測できていました。
雨続きで体調を崩してしまったのでしょうか。
抱卵時の体調不良…。
むむ。一歩間違えば命取りにもなりかねません。

…ということで、獣医さんに連絡をとり、急遽、診ていただくことに。
その日の最終で予約を入れ、真珠は屋内回収しました。
口内を見てみましたが、マウスロットなどは出来ていませんでしたし、
午後には、ヨダレを垂らしつつも、トマトとカボチャをそこそこ
食べてくれたので、少し安心できました。

070501_egg1.jpg

夜、獣医さんへ。
そのときのレントゲン写真です。
予想どおり抱卵していました。初抱卵となります。
昨年秋、冬眠入り直前に、目を放した10分の間に脱走兵に襲われて
しまいました(泣)。
ので、この春の産卵は覚悟していました。

070501_genbu1.jpg

(↑参考資料:「脱走兵」/笑)
仕切りの柵を超えられるのは、この玄武♂だけです。
事故?は、、柵の改修工事中に勃発。とほほほ。(^^;

話を戻しまして。肝心の診断。
感染症ではないでしょう、とのこと。
タマゴで胃や肺など内臓が圧迫され、それが原因でヨダレが出るのでしょう。
卵殻もしっかりしていますし、まもなく産卵するのでは?と。
ということで、そのまま帰宅。
その晩は、カメ部屋の土場の出入り口を塞いで、そこで寝かせました。

翌29日。朝7時には、すでに穴掘り体制に入っていました。
2時間ほど掘って、その後、休み休み産卵。
ささっと産め戻し(笑)、10時半には産卵場所の脇でぐったり
疲れ果てておりました。( ̄_ ̄;)

070501_egg3.jpg

産卵作業は、性格が出ますが、
真珠は、超アバウトな子のようです(笑)。
産卵場所、、丸分かりだよ?(苦笑)
もっとも。昨夜から既に足元がふらついていて、一歩踏み出す度に後足が震える
という状態でしたので、埋め戻すときには疲労もピークだったのでしょう。
もーー1ミリたりとも動けません…って顔してました。

掘り返すと、ちゃんと5つのオタマゴが産み落とされていました。
16~17gと小さめ(当社比)でした。
初産卵、お疲れさま。
ギリシャでは、8人目の産卵経験者となりました。
う~むむ、段々増えて来ます。
亜成体は、現在メス率が高いので、将来はもっと増える??のでしょうか。
いやいや、もう脱走兵は出しませんので。

070501_genbu2.jpg

ふふふ…。
柵を高くしたもんね。
(トップの写真参照/笑)


長くなったので、一旦終了。
その2へ、つづく。
この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。