FC2ブログ
また、やってしまった…(汗)。
2006/08/20(Sun)
本日朝。
起きてすぐ、カメ部屋のチェックに行くと、
ん?ん?ん~~~??
メスゾーンの土場の登り口で、ひっくり返ってもがいている小物体あり。

あれあれあれ???
ベビィ??んんん~~~~~??
誰かダイブしたのかな??
いやでも、ベビィたちの囲いは高さ30センチもあって…(以下略/汗)。

捕獲小物体を、ひとまず安全な場所へ移動。
続いて、こゆときは取りあえず人員点検。
1、2、3、、、むむーーちゃんと11名いるぞっ…。
ほっとすると同時に混乱する頭の中。

…ってことは…
・・・・・。
またやっちまったかぁ~~~(≧_≦;)
屋内自然孵化…。
・・・・・(汗汗)。

060820_okunaifuka4.jpg

写真が屋内のメスの土場
今はギリシャ部隊が屋外にいるので閑散としている。
手前の階段で自由に出入りできる。
謎のベビィは、その階段の最上段でひっくり返って手足をバタつかせていた。
おそらく砂場から出ようとして、段差で転んだのだろう。

後続がいるかもしれないので、埋まってた場所の捜索を開始。
1.8m×1.2mの土場に夫婦で這いつくばって、
それらしき痕跡を探す。
ターゲットは思いの外、早く見つかった。
ゴルフボール一つ分ほどの窪み。あやしい…!

060820_okunaifuka1.jpg

早速、慎重に掘ってみると、底に近い場所で脱殻が顔を出した!

060820_okunaifuka2.jpg


060820_okunaifuka3.jpg

周囲も調べたが、どうやらオタマゴはコレ一つだけだったもよう。
写真は取り出した殻。
土の中で孵化すると、殻はかなり細かく割れてしまう。

060820_mon1.jpg

こんにちわ。
産まれちゃいました。
産まれたときから土まみれってのも…いいね。^^

オヘソも綺麗に吸収していた。
オヘソなどにもっと土がこびり付いてしまう気もしないでもないが、
さらさらしてて綺麗なモンだー。
上手いこと出来てるんだね…。

060820_mon2.jpg

移された囲いの中で走り回る走り回る。
満を持して土から這い出るから、元気いっぱい。

060820_mon3.jpg

ちょっと落ち着いた頃。
スポット下中央を陣取る。

…、、、
態度、、デカくないか、キミ?(笑)。


さーーて、問題は誰の子かってこと。
甲羅の色合い・顔つきからすると、モンモリの子かなぁ…と思う。
春頃そわそわしてた時期もあったし、、
ま、春は産卵経験のある6名全員がそわってたっちゃーそわってたんだけどね(汗)。
またゆっくり考えよう。
暫定的にモン1ちゃんということにした(汗)。

スポンサーサイト



この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(26) | TB(0) | ▲ top
| メイン |