スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
石を…作らせてしまった。
2006/07/13(Thu)
目なしチーム(汗)の成長頭、黒市。

ここ暫く不活発になってしまった。
一日、土に潜っている。
元々、暑いとすぐ潜る傾向のある子ではあったが、
腹が空けば、ひょっこり顔を出して自ら這い出て来ていた。
それが、6月の末頃から潜ってる時間が半端じゃなくなった。
こっちで掘り起こさないと、ゴハンも食べに来ない。
暑いのかな…と照明を減らしたり、室温を調整したりやってみたが、
今一つ、覇気がない。

だんだん刻み野菜の食べる量も減ってきた。
毎日、水分補給としてスライスしたキュウリを、
(コレはまだ自分で食えないので)、手で上げているのだけど、
先週4日の火曜、ついに大好きなキュウリに反応しなくなってしまった。

5日、水曜。
温浴をさせてみたら、甲羅に頭を引っ込めて、うーんうーん息み始めた。
ああああーーーーコレは…。(__;

過去に何度か(汗)、石を作ってしまった子はいるけれど、
いずれも温浴させたり水分取らせたりしているうちに、
なんとか自力排泄できていた。
今回も、願わくばそうあって欲しかったが、翌6日、木曜になっても
一向に排泄孔から石がのぞかない。気配もない。
黒市も、一層、寝てばっかりになってきた。
病院の予約を入れようと電話をかけたら、休診日。ううう。
そんでも、この日の午後には、キュウリを食べてくれた。

7日、金曜。
水をぐびぐび飲んで、刻み野菜も少しだけ口をつけた。
石は相変わらず。排泄孔が広がってくる気配もない。
病院へ電話が繋がった。が、週末は予約がいっぱいだった(涙)。
一番、早くて月曜の午前中が空いてるとのことだったので、
そこへ予約を入れた。

もつだろうか…。激心配。
現状を把握したくて、お尻の穴から爪楊枝(尖ってない方ね)を
そっと入れてみた。したら、1センチも入れないうちにコン!と
石と思しき物体に突き当たった!
あ!もうそこまで来てる!
ひっかき出せるか?

それから、耳かきで石を掻き出す努力を続けた。
表面が少し削れて、ジョリジョリした尿酸のつぶが出てくる。
黒市も、いっしょになって息んで出そうと踏ん張っている。
たまに痛い場所があるらしく、そこを刺激してしまうと、
イナバウアーなんてモンじゃないくらい、のけ反って、
大口を開けてもがくこともある。
なので、あまり無理もできない。

週末、別用で別の獣医さんと会う機会があったので、
獣医さんが使ってる道具やらを一式お借りしてきた。
いろいろノウハウもお聞きした。

9日、日曜。
諸々の道具を使って、奮闘するも、石が出てくる様子はなかった。
背甲につっかえている感触がある。
あまり無理矢理やると、せっかく出て来ている石を膀胱に
押し戻してしまう可能性もある、と獣医さんから助言されていたので、
翌日には予約をとってあることもあり、断念した。

10日、月曜。病院へ。
「もうそこまで来てるんですけどねぇ…」と言うと
すぐ棒を入れて確認。「ほんとですね…」と心なしか表情も明るめ?
じゃレントゲン撮って位置と大きさを確認しましょう、、と。

そして、レントゲン室から戻って来られた先生の表情は、、、
暗かった…。

060713_kuroishi1.jpg


(つづく)

(…つづき↓)
石は、、デカかった。
(写真、見づらくてすみません)
骨板に引っ掛かってるのではなく、大半はまだ膀胱内にあって、
たまたま一部が出口付近まで来てるだけ、ということだった。
定規を当てて測ると、直径2センチもあった(涙)。

掻き出してみるけど、、難しい、と言われた。
下手すると、やはり膀胱内に押し戻してしまいそうだ、と。
取りあえず、排泄孔からやってみて、ダメだったら
やはり開腹手術をするしか手立てはないらしい(涙)。
排泄孔から出すにしても、麻酔をかけるので、
そのリスクはあります、と。
奇形だけど、、だからと言って影響はないでしょう、とも。

ということで、安易に(ということもないが)考えていたが、
かなり深刻な事態になっていた(涙)。
黒市は、入院することとなった。
「今朝までは、まだぐったりとかはしてなくて、
移動中もガタガタ暴れる元気はありました。」
と伝えて、診察室を出る間際、よろしくお願いします、と言うと、
先生は、「デカいんだよねぇ…」と苦笑いを浮かべていらした。


悶々とすること3日。
今朝、病院から連絡があった。
開腹しなくても、お尻から出せたらしい!!(≧△≦)
よがっだ~~~~~~~~っ。
元気にしてますよ!ってことで、
今夜、退院することになったのだ。
ほんと、よかったぁ~~~(大泣き)。


取り急ぎ、経過のみ。
また、反省やら何やらは、黒市の元気な顔を見てからにしよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 病気・ケガの話。 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。