スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミレイヴ・2クラ目。(MEMO)
2006/04/28(Fri)
1クラ目からインターバル2週間。
ちょうど大潮。
2、3日前から早起きして徘徊モード。
昨日、仮掘りをし、産め戻さないまま放置し、疲れ果てて昏睡。
今朝、飼育場に様子を見に行ったときには、すでに穴掘り最中。

慌てて、土場を仕切る。
土場奥のスポット下にいた2名は、
大人しいムベベと真珠だったので、そのままにして様子見。
その後、お腹空かして手前の方に出て来たトコで土場から降ろす。

ちびたちのエサやりをしていて、数回、目が合ってしまい、
それで慌てたのか、穴掘りしてるはずが、いつの間にかいそいそと
産め戻し作業に入っていた。むむ。。

産卵後、掘り出してみたら1個。
あれ?途中で止めたかな~~??(^_^;;
スポンサーサイト
この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
動物取扱業の届け出~!
2006/04/27(Thu)
神奈川県(含む川崎市/横浜市)、
救済処置が出たよ~~~!

今だけ主任者資格がなくても(ようするに講習会を受けなくても)
届け出が出せるようになったんだってー。
駆け込みの一般飼育者からの問い合わせが多いから、
話し合って特例処置を設けてくれたそうですーー!


やったーーー!
書類揃えなくちゃ。



#↓下のコメント遅れててすみません。
この記事のURL | 未分類 | CM(19) | TB(0) | ▲ top
雨上がり。
2006/04/20(Thu)
さっきまで激しく降っていた雨が上がり、
晴れ間が差している!

今日は気温も高いから、こんな日にはオスたちの
運動会もいっそう賑やか。(^-^)

ame060420.jpg

この記事のURL | 野外生活。 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
酷いなぁ…。
2006/04/20(Thu)
近々公開される映画のガメラ。

子どもガメラ役にケヅメが抜擢されたということで、
DVDが出たら観るかなくらいの興味は少なからず持っていて、
昨日もヤフーの予告編やフォトギャラリーを眺めていたというのに。


ここへ来て、撮影中のケヅメ虐待(←敢えて)の話がちらほら。
何十という数のケヅベビィが撮影で「消費」されたそうな。
一匹のタレントケヅが演じたんでないのか?


や、、、コレって、どうなの?
この記事のURL | 日々の徒然。 | ▲ top
危うく…。(長文御免)
2006/04/16(Sun)
リクガメを溺死させるところだった。

14日(金)。
夕方、最後まで騒いでいた外オスたちも小屋へ戻るのを確認し、
人員点検をし、小屋の蓋をするのが日課なのだが、
どーしても一人足りない。
小屋に帰還せず、どこか隅っこに潜り込んでいるのではないかと
捜索をするも見つからない。

誰がいないのだろうと調べてみると、「御影くん」だった。
覚えている方もいるだろうか、、手摺壁をよじ登りひとつ下の階の
テラスにダイブ!という武勇伝を持つあの子である。
むー。こんところの強風でテラスのモノが乱雑になって
いるから、またどこか良からぬ所でもよじ登ってくれたか??

アヤシイところをあちこち探すも見つからず。

最後に…
まさかな、、と思いつつも、、可能性のあるところ、、
テラスに置いてあるメダカ水槽(90センチ)、、。
落ちた??ダイブした???
いや、まさかね、、。いくらなんでもね、、。

夜だけ被せてあるシートをそっとめくって、中を覗き込む。

!!!!!!!!!!
いるーーー!
水深20センチ?25センチ??
その一番、底にギリシャの甲羅模様が見えるーーー!

いやああああああーーーーー。
うっそーーーーー!
うっそーー、うっそーーー、うそだと言ってぇーー。

速攻、引き上げる。

生きてるの?生きてる??

御影は、全く反応はなく、
ただ目だけは、大きく見開いていた。
今思うと、開いていたのではなくて、閉じる機能がマヒしたため
開いたままの状態になっていたのだと思う。
黒目がちなギリシャの目だけど、いつも以上に黒くて、まるで
瞳孔が開ききっているようにも見えた。

水中から引き上げたからと言って、ぷっはーーーと息を継ぐでもなく
ぜーはー呼吸を荒げるでもなく、、口を開くこともなく、、
悲しいくらいに無反応。

生存を確認したくて、手足を突いてみたが、ぶらぶらするだけで
やはり反応はなかった。でも、固まってもいないから、
まだ生きてるんだ!とただ直感で思った。
おそらく仮死状態になっていたのだと思う。

いったい、いつから沈んでいたのだろうか?
2時におやつをあげたときには、確かに居て。
3時に水槽にシートを被せたから、落ちたのは、それより前のはず。
発見が4時。ざっと1~2時間、水没していた計算になる。

どうしていいのか分からず、手足をマッサージしたり、
甲羅から出したり入れたりして人工呼吸の真似事などしてみたり。
頭を下にして、口を開いて水でも出て来ないかな?と期待したり。
効果があったのか、なかったのか、分からないけれども、
そんなことを30分ほど続けているうちに、微かに呼吸を始めたのだ。
弱々しいけど、息をしている!

人間のドラマの印象だと、心臓マッサージやら人工呼吸をしているうちに
ごぼごぼっと水を吐き出して、呼吸が戻り(BGMが入って)感動の蘇生!
というイメージなのだけど(汗)、そんな劇的な変化はいつまでもなく
少しずつ少しずつ、思い出すように呼吸を取り戻す感じであった。
なので、その最中は、不安で不安でどうしようもなかった。

仕事に出なければいけない時間が過ぎていたが、
体温がどんどん低下して行ってるのが気になってしょうがなかった。
人肌で温めているのに、擦ってる傍から冷たくなっていくのが分かる。
スポットで急激に温めてよいものかも判断に迷う。

ココは安静にさせた方がいいだろうと、一度、カメ部屋の仮寝床に置いて
(仕事に行くため)玄関で靴まで履いたが、どうにも気になり、
また部屋に戻り、置かれたままになってた御影を抱えマッサージを始めた。
職場には連絡を入れ、2時間ほどの猶予をいただいた。
冷えてる御影を、ずっと膝に抱えて温め続けていた。


1時間ほどするうちに、少しずつ身じろぐようになり、けふっ、ぐしゅ
などと音も立てるようになった。
スポットを点けて、直下を避けた場所にそっと降ろして様子をみたら、
冬眠明けのようなスローモーな動作で、じりじりと直下の一番暖かい
場所までにじり寄って来て、その下で暖まりはじめたのだ!


(すみません/つづく。)
…のつづき↓。

自ら身体を暖めるようとするのは、安心できる行動。
水中から引き上げたときも目を開けていたが、その後もずっと開けっぱなし。
首もずっと起こした状態。ぐったりとして垂らしていたワケではない。
いったい、どうゆう身体の状態だったのか、、今でも分からない。

しばらくして、スポット下にいる御影と目線の高さが合うように
目の前に寝転んで、顔を合わせてみた。私が分かるかな?
目が合ったら、首を少しこっちに向けてくれた。
目が閉じれないのかな~?と心配だったので、そっと自分の目を閉じて
見せたら、御影も真似をして自分の目を閉じてくれた。
なにか、、、通じたかな??
ちょっと興奮したのか、ぷふぅーと吐き出した息がやさしく顔にかかり、
くすぐったいのと同時に嬉しかった。
甲羅を触ってみたら、ほんわか暖かくなっていた。

すでに連絡を入れ、まもなく戻ってくる予定の旦那を待った。
峠は越したと判断できたが、呼吸が止まったことによる後遺症や
水を飲んだり?水が肺に入ったりしてるかもしれないので、
それによる感染症などの心配は残されていた。

戻った旦那は、予想外に平気そうな御影の姿を見て安心したようだ。
このころには、よたよたと2、3歩、歩くようになっていた。

仕事を終えて戻ったときには、御影はまだスポット下で微睡んでいた。
温まると少し部屋を歩き回ったり、急ごしらえの寝床@フリースの衣類に
潜ってみたり、またスポットに戻ってきたり、、を繰り返していたらしい。
途中、みかんも2粒ほど食べそうだ。

その晩は、結局12時になって、ようやく落ち着いて寝たので、
カメ部屋のメスの土場を仕切って、そこで寝かせることにした。
(ミレイヴが土場に上がれなかったのは、このため)

翌土曜の朝。すでに土場をところ狭しと徘徊していたので、
外のオスゾーンに戻してみることにした。
常時、運動会になっているので、対応できるか不安ではあったが。
案の定、アタックを受けっぱなしで反撃をする元気はないようだったので、
外のメスエリアに単独で放して様子をみた。

土曜は出かける用事があったので、詳しいことは分からないが、
その後、ゴハンはちゃんと食べ、午後には本体と合流させても問題ない
くらいにまで回復していたそうだ。
その晩から、もう普段通り、外小屋で寝かせている。

日曜。ちゃんと自分で起き出し、レンゲの山に喰らいついていた。
徘徊する足取りにも力が感じられるようになった。
そして、午後には別のオスにマウマウし、両手を放して反り返り、
鳴き声をあげる所までも確認できた。(^^;

立ち直り、、、早っ!(^_^)

今朝も一番にごはんに食い付いていた。
今のところ、気になるような障害は出ていなさそう。


カメの回復能力はすごい。
サバイバル能力もすごい。
水中で1時間以上、、ヒトだったら、もうダメだろうに。
またひとつ、カメの身体機能の不思議を見せ付けられた。

でもでも、だからと行って、大丈夫ということでは全くない。
発見があと30分遅れていたらと思うとぞっとする。
小屋に帰還しない子もときどきいるので、出掛ける時間になったら
捜索を諦めて出てしまう日もある。今はまだ寒いので、必ず小屋に
戻すが、もう少しすれば、夜中までそのままのこともある。
考えれば考えるほど、恐くなる。

週末、落ちた水槽には網を乗せた。
テラスで他にも気になっている箇所の手直しもした。
まだ屋内で、ひとつふたつ気になってる箇所があるので、
そこも早急に対策を講じなくては、、、
事故は起こるものなのだ…。

あの日、以来、水没している御影を発見したときの映像が
目に焼きついてしまい、なにかの拍子に思い出す。
夜も夢に見て、目を覚ましてしまう。
それほどに衝撃が大きかった。

増してや、底に沈んでいた御影の心中はいかほどだったろうか。
恐かっただろうか?もう終わりだと観念しただろうか?
水槽には、レンガや流木もあるのだけど、水槽にダイブするくらいの
運動神経の持ち主でも、水中では身動きも侭ならなかったのだろうか。
3時にシートを被せた段階で、水紋すら立っていなかったから、
この頃から、すでに底でじっと息を止めていたのだろうか。
いろいろ思うと切ない。
せめて、恐怖の記憶が御影には残っていないことを祈りたい。
(いや水槽恐い、、近寄るまい、、と覚えてて欲しいかな?)


今、御影が元気だから、こうやって人にも話せるが、、
そうでなかったらと考えると、空恐ろしい。
これから屋外生活がはじまると、事故も起こりやすくなるので
注意しよう!と肝に銘じた一件だった。

この記事のURL | 未分類 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
ミレイヴ産卵(MEMO)。
2006/04/15(Sat)
冬眠明けより4週間。
ミレイヴが産卵した。

この子はいつもそうなのだが、際立った産卵前行動はなく
気が荒れるでもなく、食が落ちるでもなく、徘徊するでもなく。
この2、3日、少し早起きだね、、と感じる程度。

15日(土)、朝。ワケあって(後述)メズゾーンの土場には
御影くん@ギリ♂を入れて登り口を塞いでいたため、
早起きしても産卵場に上がれず、相当におたおたしている所を
先に起床した飼い主♂が発見。不審に思い、土場に入れてやると
見てる傍から、後ろ足で穴掘りを開始したらしい(汗)。

尋常ならざる切羽詰まり加減だったらしく、最初のひとつは
まだ穴を掘りはじめて寸分も経たぬうちに、漏れ出て(^^;しまい
残念ながら、割れてしまった。
が、ひとつ出たら少し余裕が生じたのか、その後は落ち着いて
穴掘り作業を進め、更に4つを産卵。

タマゴは23g前後。少し大きくなってきたかな?
産卵後の肥立ちも良好。


#4/14が大潮。メロは、、掘る気配なし。むん。

この記事のURL | 産卵・孵卵・孵化。 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
予告編。~100g突破記念~
2006/04/07(Fri)
昨年05年の7月24日。

我が家で二つの命が誕生した。

親は別でまったく血縁関係はない、この二人のカメには、
しかしながら、飼育者の孵卵ミスが原因で、
共通する、とある重度の障害があった。

色白の子を白市(しろいち)、黒い子を黒市(くろいち)と
名付けた。

おそらく育たないだろう…と覚悟を決めながらも、
奮闘する日々を送り、、、子ガメたちの生命力にも相当救われ、
8カ月半経った本日、そろって100gを突破することができた(涙)。

上述のように血縁はなく、甲羅の色合いもまったく異なるのに、
この二名、成長の足並みが不思議なほど揃っていて、
飼い主もうっかり双子だと錯覚するくらい。


近々写真とともにご紹介する予定。
(衝撃が強いと思うケド、引かないでくださいね…(--;)


今日のところは、100g突破して嬉しかったので記録代わり。

この記事のURL | うちの子紹介。 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
春・本番(^-^)。
2006/04/04(Tue)
午後から曇の予報が外れ、一日、穏やかに晴れ上がってくれた。

060404_renge.jpg

昨夜レンゲを採りに行ったら、ぽつぽつと花が咲き始めていた。
来週くらいになれば、みんなが大好きな甘~~い蜜たっぷりの花が
一面咲くかな?葉っぱに付く虫くんも増えて来るなぁ~(苦笑)。

テラスに撒いたクローバーの種も、ずいぶん育ってきた。
オスゾーンのは踏み潰され、すでに悲惨な状況だが、他はいい感じ。
プランターには、どっかから種が飛んできたノゲシやタンポポ、
カラスノエンドウの大きくて柔らかそうな葉っぱが茂ってきている。

いやあー、春ってええね。

060404_spot.jpg


話が変わって、こっちは数日前の朝。オスゾーン。
春先は天候が不安定なので、外スポットを設置している。
曇天の日や雨の日には点灯している。

写真の日の朝、雲が多く薄ら寒かったのでスポットを点灯していた。
…が。昼前ごろになり御天道様が顔を出してくれたので、
こりゃ、スポットは不要だな!節電節電っ!と
消灯のために勢いよくテラスに赴いたは良いが、
えーー、、写真のよーな状況にばったり出食わし、
ええーー、消すに消せなかったという瞬間…(笑)。
すべき仕事がなくなり、みょ~な間ができたので、
仕方なく代わりに写真を撮ってみたり(爆)。

オスたちは、冬眠明けのテンションが上がってくるまでに時間が
かかった子もいたが、今日の段階で、全員、本調子になっていると判断。
(おっ駆けっこをしてるトコを、ひっ捕まえて、ひとりずつ
手から好物を食わせ、その食い付き具合で判断。(^^;)
ゴハンを食べないで、追い駆けっこにばっかり夢中になってる数名の
体重減少が気掛かりだったのだけど、ここ数日でゴハンに集中させたせいか
冬眠明け時の現状維持レベルにまでは回復。

騒いでばっかいないで、食えよ~~~~っ!キミたち~~~。

オスで増加が顕著なのは、雲母。1キロの大台にリーチがかかった。



この記事のURL | 日々の徒然。 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
冬眠明け・メロ
2006/04/01(Sat)
2週間前に冬眠明けを迎えたメロディ@ギリ♀。

いっしょに目覚めたミレイヴと比べても、なかなかテンションが
上がって来なかった。長い時間かけて日光浴はしているので、
覚醒に向かって体調を整えている最中なのかな、、と思っていた。

食べ始めたのはお目覚めから3日目か、4日目。
モロヘイアを2本くらい。
このところ天候不順なのだけど、寒い日は小屋に篭っている。
これは野外のほかのメスも同じ。
そうでない日は、一番に起き出してくる。

たいそう気温の上がった25日。
屋内越冬チームも、いっしょに日光浴をさせようとテラスに出した。
その途端…、、、
メロは…、、
…荒れ狂ってしまった(滝汗)。

060401_mero.jpg

ほかのメスに甲羅アタックをかましたり、マウマウしたり。
普段は、とても物静かな女の子なのに…。

どうやら、、抱卵しているもよう(汗)。

う。去年も冬眠明け2週間で産卵させてしまったので、
去年の秋は、対策を強化し、脱走兵もいなかったはずなのに…。
な、ぜ…。ううう。

その後も、晴れた日は丸一日ハイテンションで徘徊をしている。
柵を越えようとしたり、野外にいる他のメスを威嚇したり。
水~金は曇りがちで寒かったせいか、小屋に引き篭っていた。
屋内回収しようか、一日悩み続けていたら、ちょっと晴れ間が出た
金曜の午後に小屋から出て来て、夕日に当たって後ろ足を伸ばしていた。
今日も晴れたので、パワフルに徘徊を…(汗)。
ゴハンを置いても、ちょっと口を付ける程度で心配なので、
今日は、手からゴハンをあげてみた。
意外にも勢いよく食い付いてきた。ちょっとだけ安心。

うう、早く産んですっきりして、冬眠明けの栄養を取らせたいよお。
まだ、あんまり食べていないので体力も心配。
体重は、冬眠中1500g→今日1550gと維持できているけど。
明日も雨予報だし、、。ううう。
世の中に、絶えて産卵のなかりせば…って心境だぁ。

ああー。
この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。