スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちびの体重測定・略して【ちび測】実施。
2006/03/30(Thu)
昨日、ちびたちの体重測定を実施したっ!

いちお結果のメモ。
記録は0.1g単位で取っているケド、分かりづらいのでg単位で。
前回測定の3/4比も合わせてメモ。

仮名(生年月日):3/4→3/29の体重(増加分)←本名

メロ1(050702):56g→70g(+14g)←ギンコ
メロ3(050711):70g→80g(+10g)
メロ5(050724):82g→95g(+13g)←白市
メロ6(050801):82g→93g(+11g)
メロ7(050803):67g→81g(+14g)
メロ8(050816):83g→106g(+23g)

ミレ1(050701):82g→94g(+12g)
ミレ2(050805):48g→52g(+4g)←くるくる
ホタ1(050710):97g→118g(+21g)
モン2(050724):74g→95g(+21g)←黒市
モン3(050724):110g→138g(+28g)

モン1(060110):30g→38g(+8g)←小梅
モン2(060110):37g→48g(+11g)←ギガンテス


体重測定をしていて、ワシは気付いたーっ!キミたち…もう…

ちびじゃないんだねぇ~(≧▽≦)

100gを越えてる子がもう3名もいるーー。
入れても入れても、葉っぱがなくなるワケだぁ~。
今までうちの基準だと、遅い子で1年で90g、早い子で200g。
今、産まれて8カ月前後。これから成長する時期だから、
一年で150~200gペースってトコかなぁ~~??
遅い子もいるけどね。くるくるは、いずれ改めてご紹介する予定。

右に←で本名が記してある子たちは、産まれたときから
うちに残すことが決まってた子たち。
(あ、今年産まれの2名は勢いで付けちゃっただけなので、別だけど)
あとの子たちは、まだ仮名。お母さんの名前と孵化順の番号。
なんとも味気ないので、そろそろ本名を付けようと思って、週末あたり
から、ずっと候補を挙げて行ってるトコ。

有力なのは、和菓子シリーズ。
きな粉、金時(きんとき)、最中(もなか)、花林糖(かりんと)
すあま、、、、う~~ん、あと2つ。う~むむ。
とまあ、こんなこと考えて遊んでます(笑)。

060330_chibi2.jpg

今日のお写真は、もうチビじゃないチビたちの寝姿。
潜り潜り~~~っ。
エサ場の下に潜ってる図。
カーペットは、足拭きマット代わり(汗)。
土と水入れがあると、どろんこ足でエサの上を歩いて汚すので。

060330_chibi3.jpg

団子になって寝るの図。
隅っこ隅っこ~~~~っ。←競って隅っこに行きたがる。
みんな、泥んこ、、というか埃かぶってるみたいになってる(汗)。

スポンサーサイト
この記事のURL | 体重測定の話。 | CM(21) | TB(0) | ▲ top
小松菜の花
2006/03/28(Tue)
060328_nanohana2.jpg

やられている方も多いかと思われるが、我が家でも冬場にはカメさんに葉っぱを
あげた小松菜の残りの部分、つまり根っ子と茎を植えて再利用している。
この再利用、以前は新しく出てくる葉っぱが目当てであったが、
今では、むしろ春先に伸びてくる花芽が主たる目的になっている。
そして…今年もいい感じで、ぶっとい花芽が伸びて来てくれた。

060328_nanohana1.jpg

こっちのプランターのは、今朝、見たら花も咲き始めていた。
うちのカメたちは、花が開ききると、もうあまり美味しくなくなるのか
反応が鈍くなる。この写真であと1、2日後くらいが食べ頃だろうか。
やわらかい茎までペロリと平らげる。
花芽は摘んでも、また脇から新しいのが出てくるので暫く楽しめる。

今年は、葉っぱを使った(←もちろんカメに)あとのカブの実も植えてみた。
少し分かりづらいが、小松菜に混じってカブの葉も茂っていて、
同じく花芽も伸びて来ている。

060328_nanohana3.jpg

こっちは、摘んできた菜の花を食する真珠@♀1200。

060328_nanohana4.jpg

同じく。ひとつのお花を仲良く?分け合ってるミレイヴ@♀1600と真珠。

真珠は屋内で半冬眠モードになっていたが、この数日で覚醒したもよう。
中にいるより外の方が食欲も出て、活発になるので、今は冬眠組と合流し
野外生活をしている。
中途半端な状態で冬を越したので、まだ万全の体調ではないので要注意っ子。
体重は、この数日で上り調子。

この記事のURL | ゴハンの話。 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
冬眠明け・最終章~本体勢揃い~
2006/03/26(Sun)
前日の日記で、
「残りのオス6名も、徐々に冬眠明けに向かっている。
御影と玄武に関しては少し先になるやも…。」

というようなことを書いたが、舌の根も乾かぬうち、というか何というか
その翌日に、なんと全員が起き出した!(驚)

この週末は、雲も多かったが気温が高かった。
そのため裏庭の冬眠小屋の中にも、一気に春の気配が伝わったのだろうか。
小屋の温度は10度であったが、11時ごろに中の様子をチェックすると、
6名中5名は、すでに土はおろか、その上のタオルやマット類の上にまで
登って来ていて、おめめもパッチリと開けて、もぞもぞと身動ろいでいた。

まだ潜っていた御影をどうするか悩んだが、全員の足並みを揃えておこう
ということで、掘り出して(ごめんにょ)揃って南テラスへ移動。
この日の午前中は曇が多かったが、すでに覚醒していた皆さんには大して
意に介することもなく、明るい場所にごそごそ出て来て日光浴をはじめた。

060326_tomin1.jpg

写真は、まだぼ~~~っとしてるオスたち。
左から玄武、草薙、御影の父親グループと、右は月読(つくよみ)。

060326_tomin2.jpg

昼に野草摘みに出掛け、戻ってくるとお日様が顔を出してくれていた!
オスたちは、思い思い場所を移し、甲羅を太陽に向けて暖まっていた。
ウッドデッキは、やはり暖かいのか、人気があった。

060326_tomin3.jpg

太陽が出て来てくれたお陰で、一気に活気付いた。
早速、あちこちでコンコンと音が…(汗)。
こんな光景もちらほら…(汗)。昨日まで寝ていたヤツらとは思えない。
ああーーでも、冬眠箱の中で暫く前から覚醒して、待機してたのかもね。
いかんせん元気すぎ。

060326_tomin4.jpg

こっちは掘り起こした御影。
少し強引だったかな?と心配だったが、3時間ほど暖まった後は写真の通り。
けっこうな勢いで野草に喰らいついてた。大丈夫そうかな?

この日は、6名とも野草やレタスを少し啄ばむ程度。
でも元気そう。夕方には先に起きたチームと合流。
翌本日(27日)には、やはり午後から日が差し、長い日光浴を終えたあと、
絶好調で食いまくり徘徊しまくり、運動会の合間にはまた日光浴。

滑り出しは上々だけど、しばらくは、個別の健康状態チェックに気が抜けない
けど、ひとまずコレで我が家のカメさんたちが勢揃いしたーー!
やったぁーーー!
ウグイスも啼いてるし、桜の蕾もほころびはじめたし
まさに、、春っ!だねっ!!!

さーーー、お世話が忙しくなるどーー。
昨日、刈ってきた野草:計7.5キロ。
買ってきた野菜(含トマトなど重量物):計6キロ。


この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
まだまだ冬眠明け。
2006/03/25(Sat)
今日は久々に気持ちよく晴れてくれ、冬眠明けチームも越冬チームも
長い時間、日光浴をすることができ、野草もモリモリ食べてくれた。嬉しい。

さて。その後、また2名ほどが冬眠明けした。
オスギリの天照(あまてらす)と常立(とこたち)。
揃って、20日頃には冬眠箱の土の上にあがって来ていた。

ウチでまだ冬眠をさせていなかったその昔に、冬眠の先輩達が使っていた言葉で、
実は、今一つピンと来なかったのが、この「上にあがる」という表現だった。
朧げには掴めるんだけど、カメと言えば水平方向に移動するというイメージ
しか持ち合わせていなかった当時、上に?あがってくる???という
カメの垂直移動ががどうにも想像しがたく不思議な状況に思えたのだ。
060325_tomin1.jpg

歳月が流れることン年。
今では、その表現が非常にしっくり馴染んでいる。
写真は、冬眠箱の中。21日の2名(左:常立、右:天照)。
この冬眠箱には土が20センチほど入っている。その上に枯れ葉・新聞紙・
タオル・断熱マット等々が詰め込まれている。
写真は、その上の諸々を取り除いたところ。
この2日前までは、表面の土しか見えていなかったのが、この日には2名が
ちょこんと表面にまで出て来ていた。

真冬には10センチも15センチも潜っていて、体重測定のために掘り起こすのが
一苦労なのだけど(見つからず断念するケースも…)、暖かくなるにつれ少しずつ
上の方に上がってくる。
現在、まだ冬眠中のオスも、表面の土を1、2センチ払うと、すぐ甲羅が見える
程度にまで、まさに「登ってきて」いる。
因みに、当たり前だけど、真上に登って来るのではなくて斜め上に登って来る。
なので、冬眠明け間近になると、土の中でカメは、頭の方が上を向いた体勢に
なっていることが多くなる。真冬は、逆に頭が下を向いている。

と、まあ、そんなワケで着々と上にあがって冬眠明けに向かっているようだ。
今日25日の時点では、まだ御影と玄武が表面から4、5センチのところに
いて、身体も水平、、、起き出すのは少し遅めかもしれない。

060325_tomin2.jpg

話を戻して。表面まで上がって来ていた2名は南テラスに移動。
23日。午後になって晴れ間が出たら、2名とも日光浴に出て来た。
写真は、日光浴を始めたところ。まだ、ぼけ~~~としている。

060325_tomin3.jpg

2、3時間経過。
目が開いてきた。
その後、周囲の野草をクンクン嗅いだり、のっそり散策したりしていた。
冬眠明けは、動きが超スローモー。一歩踏み出すのに何秒もかかる。

060325_tomin4.jpg

更に1時間後。


…てのは流石に嘘で(笑)、コレは本日の雲母(上)。
冬眠明けにやや不調だったが、なんだか心配して損したかな?くらいの勢い。
昨日は天候に恵まれず、せっかく起き出した2名も一日寝て過したが、
本日は気温もぐんぐん上がり、二人とも、よく暖まりよく食い、常立に至っては
早くも運動会の仲間入りを果たしていた。

オスで心配事と言えば、瑪瑙(めのう)の発情モードが尋常でなく、
一日徘徊してるか、他のオスに盛ってるかで、ゴハンに集中してくれないこと。
半端じゃなく興奮していて、好物を目の前に置いても手から差し出しても、
蹴散らしてしまう(涙)。今日は、他のオスが寝静まった4時過ぎに、
ようやく初めて食べ物を口にしてくれた。
はぁ~~~、あまり酷かったら単独かなぁ~~~。
なんで、今年に限って、こんなに発情してるのだろう??むむむーー。

この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
初物レンゲ~~っ!
2006/03/23(Thu)
春分の日の夜に、今年初のレンゲ刈りに行って来たぁー。
まだシーズンには早い気もしたが、新芽がほわほわ出てるとの有り難い情報を得た
ので、道が空く頃合いを見計らって出発~~~。

レンゲ畑は、うちから車で30分くらいのところ。
近くにも一箇所あるのだけど、今年はまだ摘めるほど出ていない。
少々遠くて大変ではあるが、冬眠明けの皆さんの栄養補給のために、
やはり、レンゲは欠かせないのだ。
060322_renge1.jpg

収穫~~~っ。ゴミ袋2つ。
まだ花は咲いていないし、葉っぱも小さいケド、そんでも、やっぱり
新芽は柔らかくてほわほわ~~~~っ!
ぜーーーーったい、みんな大喜びしてくれそう!

060323_renge3.jpg

翌朝。早速、皆さんに振舞う。
これは冬眠明け間もない須佐乃男。
テンコ盛りにしていたのだけど、カメラを構えているうち、ほぼ完食。
隣からチョッカイを出しているのは、水晶(キララ)。
食べないで甲羅アタックをしていた。…が相手にされず。←須佐乃男は蓮華に夢中。

060323_renge2.jpg

同じく冬眠明けたばかりのミレイヴ。
うはうは~~。スローペースだったけど、一山平らげたー。

060323_renge1.jpg

越冬組も勿論、うっはうは言いながら食いまくったー。
これは、ギガちゃん@06ベビィ。
頭のてっぺんにお弁当ついちゃったー。
キミらが食ってると葉っぱも大きく見えるね。

#この食いっぷりを見ると、少々手間がかかっても、遥々採りに通ってしまう。
これから約一カ月、ほぼ毎週末レンゲ刈りっすー。
この記事のURL | ゴハンの話。 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
春分の日~次々と冬眠明け~
2006/03/21(Tue)
(下書き状態で放置していて、アップが遅れました。以下3/21分)

昨日までは、晴天でも風が強く体感温度が低かったのだけど、
春分の日の本日は、穏やかに晴れ上がってくれ、寒くもなく暑すぎもせず、
うちの子らにとっては最高の日光浴日和となった!
よって、起きてるカメさんたちは全員テラスに出て遊んだ。
うちのカメさんたち、現在ギリシャ36名、ホルス6名。
総勢42名(たぶん…/汗)。
(うちギリオス8名は、まだ冬眠中。3/21現在。)

冬眠チームは、18~19の週末に、また何名かが目覚めた。
まずは、メロ@ギリ♀。ミレイヴ@同。
ミレイヴはまだ土中で寝ていたのだけど、冬眠入りが早かったのと
冬眠前の水分補給量と日光浴量が今一つだった気がして、ひと冬ずっと
(飼い主が)不安に苛まれていて、それに耐えているのが(飼い主にとって)
限界だったという情けない理由で、この週末には起こそうと決めていた。

裏庭の冬眠箱からメス2名を南テラスの小屋に移し、2日くらい経ったところで、
日向に出してみたら、ミレイヴは、その1、2時間後にはレタスを啄ばんでいた。
初日は一口齧った程度だったが、翌日から少しずつ食欲が上がり、
晴天の本日は、何時間も日光浴をした後、野草のぶっとい茎をバキバキ
音を立てながら食い千切る逞しさを見せてくれた。全く心配無用だったらしい。

一方、冬眠箱で土の上にまで上がってきていたメロの方が、まだ完全覚醒は
していないようで、長い時間をかけて身体を暖めている段階。
今日は野草と葉野菜を少しだけ口にした。おめめパッチリで調子は悪くなさそう。

更に、ギリオスの雲母がやはり週末に起き出した。
が、どーにも様子がおかしい。あまり動かないし、日光浴をするときにも、
ずっと頭を甲羅に引っ込めている。鼻は出ていないが、持ち上げると
少し口を開けて呼吸してるような感じ。
どーやら鼻が詰まってるようで、ときどき、ふっふっと鼻水を飛ばしたり、
鼻をこすったりしている。
なかなか食べ出さなかったが、カボチャにだけは反応し、そのガッツク勢いに
少し安心させてくれるものがある。(^^;;

点鼻薬をさし、夜は屋内回収して様子を見ていたところ。
本日、晴天に恵まれたので、メスゾーンで日光浴をさせていた。
オスゾーンは、冬眠脱落屋内越冬チームと冬眠明け元気チームが合流し、
すでに運動会モードなので(汗)。←全員、走り回っている。うるさい(--;;。
なので、ココに本調子じゃない雲母を入れるワケにも行かず、メスゾーンへ。

いい子にしていたのは20分くらい??(汗)
メスフェロモンに誘われ、昨日まではあんなに暖めても湿度を上げても
日向に出しても、鈍い反応しか返して来なかった子が…
いきなり、甲羅から頭を出して、おめめキラキラ☆させながら
メスに向かって甲羅アタックをはじめてくれた。(^^;;;;;
おまけに逃げるメスを追いかけ回してるし…。
う。げ、元気かも…。(でもまだ夜は屋内回収。)

この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
日向は40度!
2006/03/15(Wed)
暖かい~~っ!(≧▽≦)ノ
気温は12度だけど、雲ひとつない晴天で日向は暑いくらい。
冬眠明け2名は、調子も上々。
瑪瑙は、もう徘徊に余念がない感じ。
ややテンション低めだった須佐乃男も、今日は物凄い勢いで
チンゲンに食らい付いてくれたので、安心した。↓写真

20060315140109.jpg

寝起きのときは目つきが悪かったが、完全覚醒したので
いつもの黒めがちの可愛いお顔に戻った。(←親バカ)

カメラを向けた瞬間、動きを止めてしまったので、
気付かれたか…ちっ!と内心残念がっていたら、
やおら、お手手とあんよを突っ張らがせて…、、
やがて、それらをぷるぷると小刻みに震わせはじめ、、
そのうち、しっぽから、ぽたぽたと…(以下自粛)。
冬眠明けは、よく盛る。
瑪瑙も瑪瑙で、ナニを出してひーひーー鳴いているし…。
本体が起き出したときが思いやられる(笑)。←と言いつつ楽しみにしてる。

060315_unkoro.jpg

んで、そうこうしているうちに飼育場の隅で…!
ブツはっけーーーーん!!
えーーーっ!?Σ( ̄■ ̄;;)

けっこー固めで水分少なめ。4センチくらい?
い、いくらなんでも、早すぎるだろ…。
冬眠明け4日目。ちゃんと食い出したのは昨日くらいから。
ってーーーことは…(汗だく)。

うんぴ腹で冬眠させちゃったのねぇ…(--;;;
ひぃーーーーー、、やっちまったぁ…。
因みに瑪瑙っす。キミいやしんぼで、いつまでも食ってたからなぁ、冬眠前も。
ま、調子は悪くないので、結果的には問題なかったケド、
来年は少し気をつけよう~。
排泄の話をすれば、須佐乃男は、もう真っ白な尿酸をコレまた
けっこうな量、排泄した。瑪瑙も尿は、大量に…。
ともに代謝は、順調なもよう。

本日の2名の体重。
【須佐乃男】冬眠明け770g→790g。
【瑪瑙】冬眠明け1050→1065g。
上等上等。(^-^)v

060315_ginko.jpg

オマケ:外でカラスノエンドウと格闘するちび@ギンコ。
05年夏産まれ。いずれ、ちゃんと紹介をする予定なのだけど、
ワケありで、ちっとみそっかす。
でも、野草好きなので、このところテンション上向き傾向。
この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
覚え書き。
2006/03/14(Tue)
ひと足先に冬眠明けした瑪瑙(めのう)と須佐乃男(すさのお)を
南テラスに移してから3日目。

2日目の昨日は、最高気温が5、6度の上、
一日、灰色の雲がどんよりと垂れ下がっていて
おまけに夕方には小雪まで舞ってくれ、
案の定、2名はとうとう起き出して来なかった。

が。明けて3日目の今日。
気温は8、9度でそう高くはなかったものの、
晴れていて日向はぽかぽか。
2名さま、起き出してきて長~~~く身体を暖めたあと、
野草(菜の花、カラスノエンドウ)と葉野菜(チンゲン、小松菜
プリーツレタス、豆苗)と、キュウリを相当量食ったー。

まだピーク時の食欲ではないが、冬眠明けの食欲って
やっぱり、すっげーーーーな!と毎年のことながら感心した。
明日は、もっと気温も上りそうで嬉しい。
この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
野草の季節到来っ!(≧▽≦)ノ
2006/03/13(Mon)
今日は寒い。
昼に旦那からメルがあって、なんでも新宿は雪がちらついてるそうな。
うちの方は、雪はさすがに降っていないが、朝からどんよりしている。
(追記:後で見たら、やっぱり降ってた…というか小雪がちらついてる。)
週末に目覚めた2名も、今日は起きて来ない(寂)。

……というワケで、2名に振舞う予定だった野草、
今日は、屋内越冬チームの皆さんが、一足先にいただくこととした。

そう。昨日の夕方、近所の野草育成状況のリサーチに出かけたのだ。
通勤電車の車窓から、方々で菜の花が咲いているのは確認していたし、
うちのテラスでも、カラスノエンドウ、クローバー、タネツケバナ、
ハコベ、ハルジオンなどが新芽をのぞかせているので、
フィールドに出ればもっとある筈!

ウチから駅までにある幾つかの空き地と、最寄り駅から隣の駅まで行く
道すがらと、隣の駅から住宅地を抜けてウチに戻るまでのルート。
徒歩で延べ1時間半ほどのコースを、お散歩を兼ねて。

で。あったあった!!(^-^)
この陽気で一気に開花したモノもあったと思う。
菜の花、花ダイコン、カラスノエンドウ、ナズナを収穫。
スーパー袋2つ分ほど。
タンポポやノゲシもどんどん出て来てる!(^-^)
これから、しばらくは野草が楽しめる!

060313_yaso1.jpg

写真は、野草とチビ@05メロっ子たち。
夏産まれだから、春の野草は初体験。
2名は、うわぁ~~~~~~い!(^o^)と駆け寄ってきて、
そのまま、野草をふみふみし上に乗ってご満悦になっていた。
(何か間違ってないかい?キミたち(^^;)
で。ケージに戻したら食い出した。(^^;;

060313_yaso3.jpg

唯一、即効で菜の花に反応した子@メロ7。
ちっちゃなお弁当ついてますよ。(^m^;)

大きい子たちは、ホルスもギリシャも、新鮮な野草に食らい付いて来た!
今の時期のは、まだ柔らかいから茎もボリボリ食えるんだよねー。

この記事のURL | ゴハンの話。 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
カメ啼く春?
2006/03/12(Sun)
週末。土曜は気温も19度まで上がり、金曜に冬眠箱の土の上にまで
上がってきていた瑪瑙(めのう)と須佐乃男(すさのお)は、
完全に覚醒してしまったぁーーーーっ!

週明けに寒波がやって来るから、それが過ぎるまで寝ていて欲しい
気もしたが、いつ起き出しても春先は気候が不安定で必ず冷え込む日も
あるから同じだよね…ってことで、南テラスへ移動させた。

060311_susa.jpg

これは起き立ての須佐乃男。(^^;;
まだ寝ぼけまなこ。
目つき悪い……(笑)。

060311_meno.jpg

こっちは瑪瑙。
何時間も太陽に背中を向けて暖まっていた。
その後、早くも、その辺に生えてる野草の新芽を啄ばんでた。
ひょ、ひょっとして冬眠箱の中で、しばらく前から起きて
腹を空かせてた?Σ( ̄■ ̄;)

060311_basking.jpg

ちょっと引いてみたトコ。
手前は、ちび囲い。
土まみれで白くなってるのが05年CB。
まだキレイな(笑)ちび二人が06年CB。
大きくても小さくても、お日様に背中を向けて暖まるのは同じ~


翌日曜。朝から気温が高く(夜の最低が14度!くらい)、
南テラスの小屋で寝ていた2名は、ともに8時過ぎくらいに起きて来た。
(中にいるメスたちよりも早起き!(--;;)
昼間は、風が強かったものの、やはり気温は18度ほどあったので、
2名とも、また長々と甲羅を暖めて身体の機能を呼び覚ましていた。

須佐乃男は、とろっとした尿を排泄。
これが出ると、冬眠中の毒素が抜けるような感じがして、ほっとする。
瑪瑙は、今日も少しずつモノを食べ、そのうち徘徊もはじめ
早速、須佐乃男を相手に甲羅アタック&マウマウをし鳴いていた。(--;;
その後、二人ともスライスしたキュウリを食べたっ!
滑り出し順調~。
今日の夕方、野草採集をしてきたので、明日あげてみよう~


#冬眠箱の他の皆さんは、今日もまだ、全員、土の中。

この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
起きてたっ!(≧▽≦)ノ
2006/03/10(Fri)
今日は雨降りで寒々しいし、気温もそう高くないので、
冬眠箱を開けて、こそっと皆さんの様子を伺ってみたら…

起きてたぁーーーーーーっ!(≧▽≦)ノ

若干2名さまだけど。
瑪瑙(めのう)と須佐乃男(すさのお)が土の上に上がってきてたー!
今日は冷えるから、そこでそのまま寝ていた。
体重を量ったら、そー減ってもないので、
取りあえず、今日のトコは、また、もぐしもぐししておいたー(ぉぃ/汗)。

いっやああああーーー。
なんか嬉しいじょーー。
まだまだ先かと思っていたが、来週あたり暖かくなれば
起き出して来そうだにょ~。

メスは、そろそろ起こそう(南テラスへ移動)かと思っていたが、
オスが早くも起き出すとわ。
嬉しいのもあるが、あの暴れん坊ギリオス軍団を迎えるに当たっては、
心と身体の準備を整えておかなくてはーーーーっ!!
明日から、体調調整&体力づくりだなっ!!
(環境整備じゃないのか…ふつう/汗)


#ココ、まだ下にズレて表示されてますかの~~??
誰か教えてちょ。(-人-)

この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
啓蟄も過ぎ…。
2006/03/09(Thu)
春一番もテラスのガラクタを吹き飛ばして行き、
向かいの里山は、気のせいか黄色く煙るようになり、
そこかしこに野草が芽吹き、鳥たちの鳴き声も一層高らかになり、
すっかり春の気配にワクワクなこの頃。

本日は、最高気温も18度まで上がり、ぽっかぽか。
越冬チーム、全員テラスでお陽さまと戯れていただいた。
#因みに冬眠チームは起きる気配もなし。おろろん。

060308_kotetu.jpg

虎徹くん。気持ち良さそうに長時間、日光浴をしてた。
ホルホルには、もう暑すぎるくらいだったようで、途中、
土の中や日陰に退避する姿も見られた。

060308_mero8.jpg

こっちは、ちび囲いの中のメロ8号。
立ち上がって日光浴~~。
撒いたクローバーの種も少しずつ出て来てる。
そして、踏み踏みされてる…(汗)。

そうそう。野草といえば悲しいことが…。
近所の採集場所が、また一つ消える。
最寄り駅からの帰り道にある空き地。
菜の花、花ダイコン、ノゲシ、タンポポの宝庫だった。
平日の仕事帰りに簡単に採集できる場所だったので
重宝していたのに、今日、工事が始まった。

うわあああーーーーーーん(大泣き)。

去年の暮れに建築計画のお知らせ(工事の看板)が立って、
がががががぁーーーーーーん!とショックを受けたのだけど、
その後、工事が始まる気配もなく、いつの間にか看板も
なくなっていたので、工事中止かも??と秘かに期待してた
だけにショックも大きい。あああ~~~~ん。

今、ちょうどノゲシや菜の花、花ダイコンが蕾を付け始めてる。
今年だけでも……←往生際悪いし(苦笑)。

年々空き地って、なくなってくのねぇ~~。るるるる~。

この記事のURL | 野外生活。 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
雑メモ。
2006/03/01(Wed)
060225_ichigo.jpg

26日の日曜。気温も低かったので(暖かい日には冬眠箱は開けない)、
冬眠チームを掘り起こして体重測定をした。一カ月振り。
ちらほら、冬眠明けの話なども聞こえて来るこの頃ではあるが、
うちの連中は、土中深く潜ったまま、誰も起き出した気配もなし。
冬眠箱の温度は、このところ7度前後。

掘り起こされた皆さんは、相変わらず爆睡。
旦那が掘って、ワシに手渡し。ワシは体重を量ってメモって、
尻尾と顔のチェックをし、また旦那にパス。
この間、1、2分あるかないか。
そんでも、前足で塞いだ透き間から懐かしいお顔が垣間見える。
たった一カ月振りなのに、懐かしい。
早く、キミたちが走り回る姿が見たいもんだ!

でもでも、裏庭には、まだまだ春は遠い…。


写真は、土曜に祖師谷商店街でゲットしたイチゴ~。
うちでは、今年初~。
4パックで500円~~。
ちっちゃい粒だけど、その方が量、入ってるし、カメたちは
気にせずに喜んでくれるし~~。
もー3パック食べちゃったから、あと1パック~~。


追記:肝心なこと書き忘れ(汗)。
全員、大きな体重の変動ナシ。

この記事のURL | 冬眠の話。 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。